画像

札幌高齢者住宅介護事業開業運営コンサルティング

アクセスカウンタ

特別養護老人ホーム
介護老人保健施設
指定介護療養型医療施設
グループホーム

札幌市 高齢者住宅・有料老人ホーム一覧
中央区 北区 東区 白石区 厚別区 豊平区 清田区 南区 西区 手稲区

zoom RSS 経営者と従業員は、もともと違います

<<   作成日時 : 2015/01/22 05:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

わかっていそうで期待してしまう社長、自分も社長ですからわかります。

普通の人の持っている能力を十分に、
発揮してもらう仕組みを創らない限り大きくなれません。

その人の得意分野を発揮してもらい、
他に部分は会社がバックアップする体制を創りましょう。


以下をしっかり認識して改革していくことが大事なようです。



経営者と社員は根本的に違います!

でも、多くの経営者の方は...
自分と同じような能力のある人を採用しようと考えます。
でも、それは無理です。

能力のある人は、独立して自分で始めます。
採用できたとしても、数年間の自分の修業期間とします、
そして、準備ができたら辞めます。

本当に実力のある人は転職市場に乗りません。
辞めなくても自由に働けます、会社が環境を提供します。
当然のように引き抜きで転職します。

転職情報誌などで優秀な人を採用しようとすることに、
無理があるのです。

それと、経営者と同じように責任感を持てるか?
持てません!
経営者は自分の資産や人生を賭けています!
でも、社員は月末に給料が入ることを疑いません。
働きや成果に関係なく給料は振り込まれるものなのです。

経営者と従業員は、もともと違います!:部下が指示通り動かない:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア自分と働きを社員に期待することが無理です!


経営者と従業員は、もともと違います!:部下が指示通り動かない:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア問題は、「立場の違い」・「認識の違い」から生まれます...整理してみると!

●従業員は...
 決まった期日に、ほぼ決まった金額の給与を振り込んでもらえます。
 その経験年数が長ければ長いほど...
 それは、空気や水のように、それが当たり前と感じて何も疑いを持たなくなります。

     成績に関係なく給与はもらえるもの...危機感は生まれません

●経営者は...
 決まった期日に、ほぼ決まった金額の給与を振り込む義務があります。
 売上げが上がったとか、利益が無かったとか、仕事に失敗したとか...まったく、お構い無しです。
 それは、電気やガスの基本料金のように必要な支払です

     利益が出なくても、給与の支払は義務です...社員は誰も疑いません

●従業員を雇う意味は...
 事業を円滑に運営するには、一人でできることには限界があります、だから社員を雇います。
 そのために、自分の意のままに動いて成果を上げてくれる従業員を雇いのです。
 その活動の中から、売上げを上げ利益を生み出し給与として、従業員に支払うことが基本だと思っています。

     社員の役割は...自分の能力を仕事を通してお金に換えること・利益を生み出すこと

●問題なのは...
 給与の支払は会社の利益に関係なく必要となると言うことです。
 売上げが上がらない、利益もでない、でも給与は支払う義務があるのです。
 自分の給与分を稼げる従業員と、稼げない従業員がいるのも事実です。
 経営者としては、そのどちらに対しても給与支払の義務は生まれるのです。
     
     稼がない従業員には払いたくない...ホンネ

●経営者が嘆く意味は...
 稼げない分は会社の持ち出しだし、いつまでも無駄飯を食わせてはいられないと思っています。
 資金繰りが悪ければ、社長の給与を減らして渡すしかないのです。

      チャンと自分の給与分を稼げないなら、指示に従って一生懸命やってくれ...となります


経営者と従業員は、もともと違います!:部下が指示通り動かない:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリアこの関係は、いつまでたっても平行線

給与を払う方と、貰う方の関係である以上
同じように考え、同じように危機感を持って行動することをを要求することは無理です
世界の広さ・情報量・責任の重さ・仕事の動機...みんな違います
『危機感を持て』と、言っても危機感は生まれません

部下に、無理やり命令に服従させるより

    従業員や外注に、いかに安価にレベルの高い仕事を提供してもらうか!

そう考えると、気持ちが楽になります
服従させようとするから反発もあり、無理があります精神的な葛藤もあります

批判していても、嘆いても、事態はよくなりません
応援してしまいましょう



経営者と従業員は、もともと違います!:部下が指示通り動かない:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア 経営者と従業員の違いは..
経営者と従業員では成長のスピードが違うのです。立場の違い、取組の違い、考え方の違いがもととなります。
その違いは、自分で考え、自分で決断し、自分で経済的な責任を負うということです。
はじめは同じような力でも、時間経過と共に経営者はどんどん力をつけていきます。数年で大きな差になります。



経営者と従業員は、もともと違います!:部下が指示通り動かない:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのJ経営者の言葉を聞いても、その反応は個人差がある

経営者と従業員は、もともと違います!:部下が指示通り動かない:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア 社長、こんな風に悩んでいませんか?

「自分と同じように働いてくれる人を採用したい」
と、努力していませんか?
経営者と同じように考えて働ける人は..

就職しません!
会社員にはなりません。
したとしても短期間の修業と考え辞めることが前提です。
そして、独立します、自分でやった方がいからです。

転職しません!
自分で満足できる環境整備ができるからです。
転職するとしても引き抜きで移ります。

転職情報誌に高額なお金を投入して採用しても、
多くは、真ん中の50%の普通の人です。

でも、この普通の人の持っている能力を十分に、
発揮してもらう仕組みを創らない限り大きくなれません。

その人の得意分野を発揮してもらい、
他に部分は会社がバックアップする体制を創りましょう。

経営者と従業員は、もともと違います!:部下が指示通り動かない:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア普通の人に、120%能力を発揮してもらう環境整備!

http://www.teoria.co.jp/10to493/004siji/siji05.html
画像

テーマ

注目テーマ 一覧

画像

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
特別養護老人ホーム
介護老人保健施設
指定介護療養型医療施設
グループホーム

画像
画像
画像
画像
画像
画像

リンク集

特別養護老人ホーム
介護老人保健施設
指定介護療養型医療施設
グループホーム

経営者と従業員は、もともと違います 札幌高齢者住宅介護事業開業運営コンサルティング/BIGLOBEウェブリブログ
画像
文字サイズ:       閉じる