画像

札幌高齢者住宅介護事業開業運営コンサルティング

アクセスカウンタ

特別養護老人ホーム
介護老人保健施設
指定介護療養型医療施設
グループホーム

札幌市 高齢者住宅・有料老人ホーム一覧
中央区 北区 東区 白石区 厚別区 豊平区 清田区 南区 西区 手稲区

zoom RSS 不適切な介護 男性職員を懲戒解雇

<<   作成日時 : 2015/07/30 17:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【不適切な介護】岩手サ住「反町の郷」男性職員を懲戒解雇

岩手県奥州市内の社会福祉法人江刺寿生会(渡辺均理事長、同市江刺区岩谷堂字下惣田290-1)が運営する「サービス付き高齢者向け住宅 反町の郷」(渡辺和子施設長、同市江刺区岩谷堂字反町361-1)の男性職員が、同施設に入居する80代の女性3人に対して不適切なほどに乱暴な介護サービスを日常的に施したとして、懲戒解雇処分を受けていたことが7月9日までに判明した。

懲戒解雇を受けたのは、「反町の郷」(入居定員30人)において入居者の部屋の見まわりや介助などを担当していた30代の男性職員。同住宅施設を運営する江刺寿生会などによると、今年7月1日の朝、80代の入居女性が面会に訪れた家族に対して「職員にたたかれた」などと訴えたため、この家族が施設側に報告。このため、前日6月30日夜に入居者の見回りと介助を担当していた30代男性職員から話を聞いたところ、なかなか寝ないので寝かせようとして足を払いのけたり女性の肩などを強く押したりするなどしたことを認めた。

実際に80代女性の左手と左すねなど内出血の痕やあざが複数あったとされる。また同住宅に入居している別の80代の女性2人に対しても、同じような不適切な介護や荒々しい口調での対応をしていたことも判明。また不適切な介護による被害を受けた計3人の入居女性はいずれも認知症の症状があるという。

同住宅を運営する江刺寿生会では、男性職員が以前に勤務していた介護施設でも同様の行為をしていたことが判明したこともあり、男性職員の不適切な介護は入居者の権利侵害にあたるとして今年7月3日付で懲戒解雇処分とした。あわせて奥州市と岩手県に対して事故報告書を提出。さらに「反町の郷」施設長ら2人を7月8日付で譴責処分とした。

同住宅を運営する江刺寿生会の渡辺理事長は「元職員は介護のプロとして絶対やってはいけないことをやってしまった。これを重く受け止めて関係者におわび申し上げたい。職員一同で今回の問題を反省していきたい」などと謝罪の弁を述べるとともに、職員を対象にした研修回数を増やすなど再発防止に努めたいともしている。

■社会福祉法人 江刺寿生会
http://www.juseikai.or.jp/index.html
画像

テーマ

関連テーマ 一覧

画像

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
特別養護老人ホーム
介護老人保健施設
指定介護療養型医療施設
グループホーム

画像
画像
画像
画像
画像
画像

リンク集

特別養護老人ホーム
介護老人保健施設
指定介護療養型医療施設
グループホーム

不適切な介護 男性職員を懲戒解雇 札幌高齢者住宅介護事業開業運営コンサルティング/BIGLOBEウェブリブログ
画像
文字サイズ:       閉じる